Article

普段のメイクにプラスワン!とっておきのメイク術

いつも使っているコスメの色が、お肌に合わなくなった気がする。
二重向けのアイメイク指南ばかりで、全然参考にならない。
普段のメイクにちょっぴりマンネリ中…。

そんなメイクのお悩みをスパッと解決できちゃう、とっておきのメイク術をご紹介しちゃいます♡

普段のメイクにプラスワン!とっておきのメイク術

肌トーンに合わせたコスメ選び

オシャレな女の子たちのあいだで注目を集めている、パーソナルカラー。

パーソナルカラーとは、その人が持って生まれたボディカラーをもとに、自分に似合う色を見つけることです。

自分に似合う色が分かると、メイク映えやファッションセンスをアップさせることができたり、まわりからの第一印象を良くすることができたりと、さまざまなメリットがあります。

パーソナルカラーによる診断結果は、ほとんどの場合、一生変わることはありません。

けれど、人によっては、生活習慣、日焼け、加齢などの影響によって、パーソナルカラーが変化してしまうことがあります。すると、これまで似合っていたコスメの色が合わなくなり、顔色が悪く見えたり、実年齢よりも老けて見られてしまったりすることがあります。

いつも使っているコスメの色が、お肌に合わなくなってきたと感じたら、パーソナルカラーが変化した可能性がありますので、すでにパーソナルカラー診断をしたことのある女の子も、再診断することをおすすめします。

一重さん&奥二重さんにピッタリなアイシャドウの使い方

10代から20代の女の子を中心に人気を集めている、メイク上手なインスタグラマーや美容系youtuber。

彼女たちのようになりたくて、毎日メイクの勉強をしている女の子もたくさんいます。

だけど、メイク動画を投稿している女の子たちの多くが、パッチリ二重なので、一重さん&奥二重さんが、彼女たちのメイクをお手本にしてしまうと、まぶたが腫れぼったく見えてしまったり、顔の印象が薄くなってしまったりと、残念なメイクに仕上がってしまいます。

とくに、一重さん&奥二重さんは、赤やオレンジなどの暖色系のアイシャドウを使ってしまうと、まぶたが腫れぼったく見えてしまうため、要注意!

どうしても、赤系のアイシャドウを使いたいときは、一重さんはアイホール狭めにサッと塗り、目尻に引き締めカラーをちょい足しするくらいがベスト。奥二重さんは、アイホール全体に赤系アイシャドウを塗ったら、引き締めカラーを目尻側1/3くらいまで入れると、腫れぼったさのない華やかな目元を演出できます。

オレンジ系のアイシャドウを使いたい一重さん&奥二重さんは、赤みを含んでいないゴールド系のアイシャドウを仕込むだけで、まぶたの重みやくすみが抑えられ、スッキリとした目元に見せることができます。

いつも使っているコスメをミックス♪

毎日同じコスメを使っているため、同じようなメイクになってしまうとお困りの女の子にピッタリな画期的なメイク術があります。

それは、手持ちのコスメ同士をミックスしちゃうこと♪

たとえば、真夏にピッタリなラメシャドウにパールシャドウを組み合わせると、ラメのキラキラ感とパールの濡れ感がミックスして、色っぽ大人アイメイクに仕上げることができます。

ほかにも、ブラウン系アイシャドウ×オレンジチーク、カラーリップ×ラメリップ、リキッドファンデーション×クリームチークなど、手持ちのコスメ同士をミックスするだけで、いつものメイクをワンランク上のオシャレな仕上がりにすることができちゃいます。

コスメ&メイクのお悩みは工夫次第で解決できちゃう♪

コスメ&メイクのお悩みは、女の子1人ひとり違いますが、どのお悩みもほんの少しの工夫でスパッと解決することができます。

コスメの肌なじみが悪く感じる、自分にピッタリなメイク術を探している、メイクにマンネリを感じている女の子は、普段のメイクに少しの工夫を取り入れて、いつもとは違う新しいメイクを楽しんでみませんか?