Article

健康にも美容にも効果的!今日から始めたい夏バテ対策

夏バテになってしまうと、食欲が出なかったり、寝つきが悪くなって不眠になったり、カラダがだるくて思うように動けなかったりと、さまざまな不調が現れるようになります。

夏バテは、暑さが落ち着き始めると、症状が治まってくるため、そのまま放置してしまう女の子もたくさんいますが、夏バテ期間中もお肌のターンオーバーなどは、ばっちり行われています。そのため、栄養バランスの悪い食事、睡眠不足、運動不足など、夏バテによる生活習慣の悪化が原因で、健康面だけではなく、美容面にも大きな影響が出てしまうことも。

そこで、今日から始められる健康にも美容にも効果的な夏バテ対策を一挙ご紹介します♪

健康にも美容にも効果的!今日から始めたい夏バテ対策

食欲が出ない夏バテ中にピッタリな食事

健康・美容維持のためには、1日3食きちんと食事をとることが大切です。

とくに、暑さで食欲が出ないときは、食べる量よりも「食事の質」を重視しましょう。

カラダのお疲れモードを回復したい

良質なたんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシンなどの栄養素を含む食品を積極的に食べると、自然と疲れを回復させることができます。

とくに、鶏むね肉、マグロ、カツオなどに含まれているたんぱく質は、疲労回復物質の働きを活発にしてくれるので、疲れを感じたら積極的に食べるのがおすすめ♪

食欲不振を解消したい

良質なたんぱく質、ビタミンA、キャベジンなどの栄養素を含む食品には、夏バテによって活動が弱まってしまった胃腸の働きを強化することができます。

なかでも、夏土用の丑の日に食べるウナギには、夏バテの悪化を防いでくれる栄養素がたっぷり含まれていますので、積極的に食べたい食品です。

ただし、ウナギにはビタミンCが含まれていないので、ビタミンCをたっぷり含む食品をつけ合わせにするのがポイント。

寝つきの悪さを改善したい

カルシウム、ビタミンD、マグネシウム、L‐トリプトファン、グリシン、L‐テアニンなどの栄養素を含む食品には、不眠の症状を緩和させてくれる効果があります。

なかでも、古くから日本人に親しまれている緑茶には、リラックス作用や睡眠改善効果などを期待することができるL‐テアニンが含まれており、寝つきの悪さを改善することができます。

ただ、緑茶を飲み過ぎてしまうと、利尿作用やカフェインなどによる影響が出てしまうので、緑茶だけを摂取するのではなく、ほかの栄養素もバランス良くとるようにしましょう。

睡眠不足を解消するコツ

夏バテを予防するには、たっぷりの睡眠も不可欠です。

けれど、暑さで寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりすることもしばしば。

暑さで寝つきが悪いときは、エアコンの設定温度を28℃~29℃にして、扇風機やサーキュレーターを使って、つねにお部屋の空気を循環させておくと、朝までぐっすり眠ることができます。ただし、睡眠中は体温が下がるため、一晩中エアコンや扇風機の風を浴び続けてしまうと、夏バテを助長させる原因に!

夏バテを防ぐためには、エアコンはオフタイマーに設定したら、風向きを天井に向けて、扇風機の首を振っておきましょう。

だるさを吹き飛ばすプチエクササイズ

気温が高くなってくると、カラダを動かすことが嫌になってしまう女の子も少なくありません。

けれど、カラダを動かすことで、食欲増進や睡眠促進などの効果が得られるため、夏バテ予防には適度な運動が欠かせません。

運動をするなら、朝晩の涼しい時間帯に行うのがベスト!

軽めのジョギングやヨガ、エアロビクスなどにチャレンジして、カラダを適度に動かしましょう。

仕事や学校などで運動する時間を確保することができない女の子は、ラジオ体操やストレッチをするだけでもOK♪

夏バテになっちゃったら、無理しないでゆっくり休もう!

どんなに生活習慣に気をつかっていても、夏バテになってしまうときはあります。

そんなときは、栄養バランスの良い食事とたっぷりの睡眠をとって、カラダをしっかりと休ませてください。

カラダの調子が戻ってきたら、無理のない範囲でカラダを動かして、体調を少しずつ整えていきましょう。