Article

夏祭りデートはこれで決まり!浴衣にピッタリな色っぽメイク♡

今度、大好きな彼と浴衣を着て、夏祭りデートに行く予定なんだけど、浴衣を着たときのメイクって、どんなふうに仕上げたら良いのかお困り中の女の子も多いのでは?

浴衣は、着物のなかでもラフに着こなす和装なので、きちんと感のあるメイクに仕上げてしまうと、逆に顔だけが浮いてしまうためNG。かといって、ナチュラル過ぎるメイクに仕上げてしまうと、浴衣に顔が負けてしまって、どこか疲れたような雰囲気の残念なメイクになってしまうので、これもNG。

今回は、夏祭りデートを成功させる浴衣にピッタリな色っぽメイクのコツをご紹介します♡

夏祭りデートはこれで決まり!浴衣にピッタリな色っぽメイク♡

ベースメイクは、ナチュラルな素肌感を重視!

本来、浴衣はお風呂上りに身に付ける着物です。

なので、メイクをしています感が出ないように、ベースメイクを仕上げるときは、ナチュラルな素肌感を重視するのがポイント♪

まずは、いつもどおり化粧水や乳液などを使って、お肌をしっかり保湿します。

お肌の内側から血色感が出るように、ピンクベースの下地を薄くのばします。パウダータイプのファンデーションを使うと、お肌が粉っぽくなってしまい、ナチュラルな素肌感が出なくなってしまうのでNG!

ここは、ごくごく薄づきのリキッドファンデーションを使って、ベースメイクを仕上げていきましょう。

大好きな彼と、夜まで夏祭りを楽しみたいときは、メイク崩れを防ぐため、上からフェイスパウダーで軽く押さえておくと◎。

目元は、涼しげな切れ長アイを意識!

女の子が1番こだわりたいメイクポイントといえば、アイメイクですよね。

でも、夏祭りデートに浴衣を着ていくときは、メイクと浴衣のバランスを考えて、ナチュラルで控えめな“涼しげ切れ長アイ”に仕上げるのがポイント。

まず、肌なじみの良いアイシャドウをアイホール全体にのせます。

ベージュ系なら、素肌にスーッと溶け込むので、メイク初心者さんも失敗を気にすることなく、浴衣メイクを楽しむことができます。ワンランク上のアイメイクを目指すなら、浴衣の色柄に合わせてアイシャドウカラーを選ぶと◎♪

アイラインを引くときは、目元を強調しすぎないように細く引くのが鉄則!

黒やブラウン系のペンシルを使って、まつげの隙間を埋めるように描くのがコツです。

目元を印象的にみせたいときは、目尻を5mmほど跳ね上げたり、下まぶた1/3だけにアイラインを入れたりすると、アクセントになって、よりオシャレな仕上がりになります。

アイメイクを完ぺきに仕上げるために欠かせないまつげメイクは、ビューラーのかけすぎに注意しながら、長さ重視のロングタイプやセパレートタイプのマスカラで仕上げていくと、大人の女性らしい色っぽいすだれまつげに仕上がります。もっとナチュラルな仕上がりにしたいときは、繊維入りの透明タイプのマスカラを使ってもOK♪

チークとリップで、ほんのり血色感をプラス!

チークとリップは、どうしてもメイクをしています感が出やすくなります。

だけど、ベースメイクを仕上げるときと同じように、お肌にほんのりと血色感をプラスすることができる赤やピンク系カラーを使えば、浴衣にピッタリな色っぽメイクに仕上がります。

透け感のあるシアータイプのリップを、あえてリップラインを引かずにラフ塗りすると自然な仕上がりになります。ただし、アイメイクのときにカラーライナーを使ったときは、リップを引き算するのがポイント。

粉っぽくならないクリームまたはリキッドタイプのチークを、少しずつお肌に叩き込むように、ぼかしながら馴染ませていくと、お風呂上りのようなナチュラルな血色感が生まれ、色っぽさがグンとアップします。

色っぽ浴衣メイクで、夏祭りデートを盛り上げよう♡

いつもと同じ感覚でメイクを仕上げてしまったり、ナチュラルを意識しすぎて薄く仕上げすぎたりすると、浴衣とメイクのバランスが悪くなってしまいます。

ナチュラルな素肌感、お肌の柔らかさ、ほんのり血色感、この3つを意識してメイクを仕上げると、意外と簡単に色っぽ浴衣メイクが完成しちゃいます。

ぜひ、チャレンジしてみてね♡