Article

これは使える!暑さで止まらない汗のニオイ対策

気温が高くなってくると、何もしていないのにダラダラと汗をかいちゃいますよね。
汗をかいたとき、気になるのが「ニオイ」です。

本来の汗は、1%ほどの塩分と99%の水分でできているため、ニオイも無く、サラサラとしています。
けれど、生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、運動不足などによって、汗を分泌する「汗腺」の機能が低下してしまうと、嫌なニオイを伴うベタベタ汗になってしまいます。

ベタベタ汗による嫌なニオイは、なかなか自分では気が付きにくいため、知らないうちにまわりの人に迷惑をかけていることもしばしば。

そこで今回は、暑さで止まらないベタベタ汗の嫌なニオイを抑えることができる対策法をご紹介♪

これは使える!暑さで止まらない汗のニオイ対策

汗をかいたら、濡れタオルで優しく拭き取る

汗をかいたとき、乾いたタオルやハンカチを使って、汗を拭き取っていませんか?

じつは、乾いたタオルやハンカチでは、表面の水分は吸収することができても、ニオイの原因となるミネラルを吸収することはできません。そのため、お肌の表面に残ったミネラルを目当てに雑菌たちが集まり、汗のニオイを悪化させてしまう原因に。

汗を拭き取るときは、必ず濡らしたタオルやハンカチをつかって、上から押さえるように優しく拭き取るようにすると、水分とミネラルを同時に拭き取ることができます。

もしも、タオルやハンカチを濡らすことができないときは、ドラッグストアなどで手に入るウェットティッシュやボディシートを使っても◎♪

目的に合わせて制汗剤を使い分ける

汗のニオイ対策として、バッグに制汗剤を忍ばせている女の子もたくさんいます。

けれど、制汗剤はスプレータイプやシートタイプなど、それぞれの種類に応じて、利用シーンが異なることをご存知でしたか?

スプレータイプ

持ち運びに便利で使い勝手のよい制汗剤です。

速乾性があるため、汗をかいたあとに、すぐ吹きかければ、ニオイを防ぐことができます。

ただし、制汗能力は低めなので、一時的に汗のニオイを抑えたいときに使うのが良いでしょう。

シートタイプ

スプレータイプと同じく、持ち運びに便利で使い勝手の良い制汗剤です。

ほんのり湿っているため、汗・皮脂・汚れなどをサッと拭き取り、お肌の表面を清潔に保つことができます。

汗を拭き取ったあとのゴミ捨てに悩みますが、汗のニオイを抑える効果は期待できます。

ロールオンタイプ

コンパクトで持ち運びに便利な制汗剤です。

お肌に直接薬剤を塗り込むため、スプレーやシートタイプと比べて、高い制汗・消臭効果を期待できます。

ただ、汗をかいた後では、制汗・消臭効果が弱まってしまったり、使用ポイントが限られていたりするので、ほかの制汗剤と併用して使うのがおすすめです。

吸湿性のあるインナーを選ぶ

汗腺のあるところなら、どこからでも汗が分泌されるため、どうしても汗が拭き取れない場所や制汗剤の届かない場所があります。

そんなときは、効率良くカラダの熱を発散させて、すぐに汗を吸収して乾かしてくれるインナーを選ぶのがおすすめ♪

コットン素材のインナーは、肌ざわりが良く、吸湿性に優れているので、夏でも好んで着ている女の子もたくさんいます。けれど、気温が高く、汗をたくさんかく夏とは、あまり相性が良いとは言えません。

暑さで汗が止まらないときは、キュプラ素材のインナーがおすすめ♪

キュプラ素材は、吸湿性と放湿性を兼ね揃えているため、たくさん汗をかいても、すぐに乾いてしまうので、汗のニオイ、汗冷え、汗染みなどを防ぐことができます。

もっとも効果的な汗のニオイ対策は、生活習慣の見直し!

汗を拭き取ったり、制汗剤を使ったり、吸湿性のあるインナーを着たりしても、ニオイの原因となっているベタベタ汗の分泌をストップさせない限り、汗の嫌なニオイから逃れることはできません。

汗の嫌なニオイを防ぐためには、ベタベタ汗を分泌している汗腺の機能を正常な状態に戻して、サラサラとしたニオイの無い汗を分泌させることです。汗腺の機能は、汗をかくことで少しずつ改善していきます。

これをきっかけに、1度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。