Article

美容はもちろん、健康のためにも!夏の冷えを防ぐおすすめ対策法とは?

熱中症対策としてエアコンを使ったり、こまめな水分補給を心がけたりと、普段から体温を上げすぎないように注意している女の子も多いのではありませんか?

けれど、必要以上の熱中症対策は、カラダの冷えを引き起こす原因となってしまいます。
カラダが冷えると、頭痛や不眠、むくみなどの肉体面の不調だけではなく、イライラなど精神面の不調も起こりやすくなります。

今回は、熱中症&夏の冷えをダブルで防げるおすすめの対策法をご紹介します。

美容はもちろん、健康のためにも!夏の冷えを防ぐおすすめ対策法とは?

運動習慣を身に付けて冷えを解消!

男の子よりも筋肉量の少ない女の子は、熱を作りだすことが得意ではありません。

そのため、ダイエットのために食事制限をしていたり、普段からあまり運動をする習慣がなかったりすると、うまく熱を作りだすことができず、カラダが冷えやすくなります。

とくにエアコンなどの影響によってカラダが冷えやすい夏場は、筋肉量の少ない女の子にとって過酷な季節となります。

夏の冷えからカラダを守るためにも、有酸素運動とウエイトトレーニングをバランス良く取り入れて、血行を良くしながら筋肉量アップを図ることが大切です。

冷たいものは「冷え」を悪化させる!

気温が高くなってくると、つい冷たいものが欲しくなりますよね。

ですが、カラダの外側が冷えている状態で冷たいものを摂ると、筋肉や内臓まで冷やしてしまい、冷え症の原因になってしまいます。

カラダの内側が冷えてしまうと、

・胃腸の働きが悪くなる

・免疫力が低下しやすい

・血行が悪くなる

・むくみやすい

・いつもより老けて見えられるようになる

など、健康と美容面にさまざまな影響が出るようになります。

どうしても冷たいものを食べたり飲んだりしたいときは、食べ物や飲み物を必要以上に冷やさない、ゆっくり時間をかけて少しずつカラダに入れるなど、カラダに負担がかからないように工夫することが大事です。

エアコンの設定温度を下げすぎない!

熱中症対策として普段からエアコンを積極的に使っている女の子もたくさんいると思いますが、設定温度を下げすぎると、カラダを冷やしてしまう原因に!

ヒトのカラダには、どのような環境でも快適に過ごせるように、体温を一定に保つ機能が備わっています。この機能をコントロールしているのが、自律神経です。

自律神経はとってもデリケートな神経なので、必要以上にエアコンの設定温度を下げたり、炎天下の屋外とエアコンのきいた涼しい室内を頻繁に出入りしたりすると、混乱を来してしまい、うまく働くことができなくなってしまいます。自律神経がうまく働くことができなくなると、手足の冷え、頭痛、だるさ、肩こり、便秘、肌荒れなどの不調を引き起こしやすくなります。

自律神経を混乱させないためには、エアコンの設定温度は25℃~28℃にして屋外と室内の温度差を5℃以内に保つことです。また、長時間エアコンを使うときは、ときどき窓を開けて、室内の空気を入れ替えることも大切です。

夏の冷えは“万病のもと”!すぐに改善を。

いま、「夏なのに、まるで冬のようにカラダが冷えてしまう」とお困りの女の子が増えています。

その原因は、熱中症対策といって運動することを避けていたり、温かいものを食べるのを控えたり、エアコンの設定温度を低くしたりすること。その結果、自律神経が乱れて体温を調節する機能が狂ってしまったのです。

夏の冷えを防ぐためにも、過度な熱中症対策は控え、ほどよく涼しく快適な日常生活を送るように心がけましょう。