Article

夏だからこそやるべき!美肌を維持するための保湿ケア

一見うるおっているように見える夏のお肌ですが、単に汗の分泌量が増えたことで、お肌がベタついて湿っぽくなっているだけ。実際は、強烈な紫外線やエアコンなどの影響によって、お肌表面の角質層やターンオーバーが乱れやすく、お肌の内側にある水分が不足した状態です。

つまり、夏のお肌はとっても乾燥していることになります。
お肌が乾燥していることに気付かずそのままにしてしまうと、乾燥を防ごうと皮脂の分泌が盛んになり、お肌の表面がテカテカになってしまいます。

そこで今回は、夏だからこそやるべき、お肌の保湿ケア方法をご紹介します。

夏だからこそやるべき!美肌を維持するための保湿ケア

お肌のベタつきが気になっても洗い過ぎないで!

夏になると、お肌のベタつきが気になって、つい洗顔をしすぎてしまう女の子もいますが、それはNG!

顔を洗い過ぎると、必要以上に皮脂とお肌のうるおいを落としてしまい、かえって皮脂の分泌量が増えてしまいます。すると、お肌の内側は乾燥しているのにお肌の表面は皮脂でベタついている “インナードライ肌”になってしまいます。

インナードライ肌を防ぐには、1日の洗顔回数を減らし、お肌にうるおいを残すことができる洗顔料を使って、優しく撫でるように洗うことがポイントです。

メイクのキープ力を左右するスキンケア術♪

お肌の保湿力は、メイクのキープ力を大きく左右します。

なので、メイクを始める前に、しっかりと化粧水や美容液でお肌をケアすることが大切です。

化粧水

お肌の水分補給に欠かせない化粧水は、保湿力の高いものを使うのがおすすめ。

高保湿効果を期待できると話題を集めている、「ヒアルロン酸」が配合された化粧水を使っている女の子も多くいますが、ヒアルロン酸はお肌の表面ではじかれやすい成分であるため、うまくお肌の内側に浸透させることができません。そこで、夏のあいだは、肌なじみの良いアミノ酸、セラミド、コラーゲン、エラスチンなどの保湿成分が配合された化粧水を使って、美肌をキープするのがポイントです。

乳液

夏のあいだは、乳液の油分でお肌にフタをしなくても、化粧水や皮脂がバッチリお肌の表面に油膜を作ってくれますので、使わなくてもOK!

むしろ、乳液を使うことでお肌のバランスが乱れてしまい、テカリやベタつき、ニキビなどを引き起こす原因になってしまうので、乾燥がひどいと感じたとき以外は、使用を控えるのが◎。

「紫外線」「汗」「皮脂」対策も忘れずに!

日本の夏は、日差しが強く、気温も湿度も高めな季節。

なので、どんなに正しい洗顔やスキンケアを心がけても、紫外線・汗・皮脂対策をサボってしまうと、お肌の乾燥を進めさせてしまう原因に!

紫外線対策

夏の紫外線量はほかの季節よりも増えるため、お出かけ前には必ず日焼け止めを塗ること。

日焼け止めを塗るときは、肌質やお出かけする時間帯などに合わせて、テクスチャー、SPF・PAなどを選ぶと、紫外線からお肌を守ることができます。

汗対策

汗には、水のようにサラリとした「良い汗」と、お肌がベタつく「悪い汗」があります。

悪い汗は、良い汗よりも蒸発するのに時間がかかり、ミネラル分もたっぷり含んでいるため、お肌がベタつきやすく、ニオイやかゆみなどのトラブルを起こす原因にも。

汗腺の機能を高めるために、普段から汗を流す習慣を身に付けることが大切です。

皮脂対策

あぶらとり紙を使って、必要以上に皮脂を吸い取ってしまうと、インナードライを進行させてしまう原因に!

余分な皮脂だけを吸い取りたいときは、乾いた柔らかなハンカチやティッシュなどで上から軽く押さえて吸い取る程度でOK♪

夏の美肌は「保湿」がポイント。

夏のお肌は一見うるおっているように見えますが、それは汗や皮脂によってうるおっているように見えているだけ。本当にうるおっているわけではありません。

見た目に騙されて保湿を怠ってしまう女の子もたくさんいると思いますが、実は夏のお肌はとっても乾きやすいので、水分補給と保湿ケアをしっかりと行って、夏も美肌をキープしましょう♪