Article

夏のはじめから試したい、ベタつき肌対策とは?

夏が近づいてくると、朝のメイク前からお肌がベタついたり、会社や学校に着くころにはベースメイクがドロドロなんてことも。そんな夏のお肌に関するお悩みをズバッと解決できちゃう驚きの対策法を大公開!

『今年の夏こそは、ベタつき肌から解放されたい!』と思っている女の子は要チェックです♪

夏のはじめから試したい、ベタつき肌対策とは?

汗をかいたら、こまめにオフ!

夏になるとお肌がベタつく最大の原因は、“汗”にあります。

汗には、お肌をサラサラに保つ「良い汗」と、お肌をベタつかせる「悪い汗」があります。

どちらの汗も「汗腺」と呼ばれる皮膚腺から分泌されているのですが、生活習慣や食生活などによって汗腺の機能が低下すると、良い汗が分泌されにくくなり、代わって悪い汗が分泌されるようになります

どちらの汗をかいているのかを見極めるのはとっても難しいので、汗をかいたらすぐに乾いた柔らかなタオルやハンカチで拭き取ってしまうのが1番です。

ただし、汗を拭き取るときにお肌を擦ってしまうのはNG!

汗をかいたお肌はふやけて角質が剥がれやすい状態ですので、シミなどの肌トラブルや敏感肌にならないよう、乾いた柔らかいタオルやハンカチで押さえるように汗を吸い取りましょう。

お肌の保湿と水分補給も忘れずに!

強い日差しやエアコンの影響などによって、つねにお肌は乾燥の危機にさらされています。

けれど日本の夏はとっても蒸し暑いため、汗と皮脂の分泌が増えやすく、つねにお肌が湿った状態になるので、「うるおっている」と勘違いしてしまう女の子も少なくありません。

とくに、夏のベタつき肌を防ぐためにこまめに汗を拭き取っている女の子は、要注意!

タオルやハンカチなどを使って汗や皮脂をこまめに拭き取っていると、お肌に必要なうるおいまで一緒に拭き取ってしまうことになりますので、お肌の乾燥がますます進んでしまう危険性があります。

お肌の乾燥を防ぐために、夏でもしっかり「保湿」と「水分補給」を行うこと!

うるおいのあるお肌―ペットリ感のあるもっちりお肌―をキープすることが、夏のベトつき肌を防ぐポイントでもありますので、夏だからといってお肌のお手入れを手抜きするのはNGです。

汗腺の働きを高めて“良い汗”をかく!

夏のベタつき肌を防ぐためにあれこれ頑張ってみたけれど、まったく効果が無いとお困りの女の子も多いのではありませんか?

そんなときは、汗腺の働きを高めて良い汗をかきやすい体質に変化させるのがおすすめです。

汗腺の働きを高める方法は、

・適度な有酸素運動を取り入れる

・夏でも湯船に浸かる

・エアコンに頼りすぎない

など、汗を流す習慣を身に付けることがポイントです。

良い汗をかいている女の子たちは、普段からヨガやウォーキングをしていたり、好きな香りの入浴剤を入れてお風呂タイムをゆっくり楽しんだりと、汗をかくことに抵抗を感じていません。

良い汗をかくには、汗腺の機能を高めて体質を変化させることが大切です。

運動不足、入浴習慣がない、1日中エアコンのきいた涼しい部屋で過ごしているなど、生活習慣が乱れがちな女の子は、汗腺の機能が低下している可能性がありますので、お肌のベタつきを防ぐためにも、今日から汗を流す習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

今日からベタつき肌対策をはじめよう!

夏のベタつき肌を防ぐポイントは、

・こまめに汗を吸い取る

・お肌の保湿&水分補給をしっかり行う

・汗腺の働きを活発にさせる

この3つです。

どのポイントもほんの少し意識するだけで気軽にできるものばかりなので、ぜひ今日から始めてみませんか?