Article

知らなきゃ損!自分にピッタリなフェイスパウダーの選び方と使い方

メイクのとき、何気なく使っているフェイスパウダー。
じつは、ベースメイクの仕上がりを大きく左右してしまうほど重要なメイクアイテムだということをご存知でしたか?

そこで今回は、いつものメイクをワンランク上の仕上がりにできちゃう、自分にピッタリなフェイスパウダーの選び方から使い方まで徹底解説しちゃいます♪

知らなきゃ損!自分にピッタリなフェイスパウダーの選び方と使い方

フェイスパウダーとは?

フェイスパウダーは、ベースメイクに欠かせないファンデーションの仲間です。

けれど、ベースメイクづくりに使っているファンデーションとは違い、油分を含んでいないフェイスパウダーはさらりとした軽やかなつけ心地をしているため、油分を含んでいるファンデーションでベースメイクを仕上げたあとに使うのが一般的となっています。

なかでも、「リキッドファンデーション×フェイスパウダー」のコンビネーションは、メイクの仕上がりがアップしたり、いつもよりお肌をキレイに見せることができたりと、女の子にとって嬉しいこと尽くめな組み合わせとなっています♡

自分にピッタリなフェイスパウダーの選び方

フェイスパウダーには、「ルースパウダー」と「プレストパウダー」の2タイプあります。

どちらのタイプも、リキッドやクリームなど、液体タイプのファンデーションで仕上げたベースメイクのあとに使うと、お肌に定着しやすくなり長持ちさせることができるのに変わりないのですが、メイクの仕上がりや得られるメリットなどが大きく異なります。

ルースパウダー

さらさらとした粉状のフェイスパウダーです。

ふんわりと軽やかなつけ心地なので、お肌にヴェールをかけたようなナチュラルで優しい質感のお肌に仕上がります。

パフやブラシにとり、ファンデーションの上にサッとのせるだけで、ムラなくキレイなベースメイクが完成しますので、メイク初心者さんにもおすすめのアイテムです。

ただ、ルースパウダーは、使ったときに粉が飛びやすいので、お出かけ先でのメイク直しに使うのは控えたほうが良さそうです。

プレストパウダー

粉状のパウダーをギュッと圧縮させて固めたフェイスパウダーです。

ルースパウダーよりも、お肌への密着感が高くカバー力もありますので、きちんと感のあるオトナな質感のお肌に仕上げることができます。

しっかりと固められているので、持ち運びしやすくまわりに粉が飛んでしまう心配もないため、お出かけ先でも安心して使うことができます。

けれど、プレストパウダーはつける量やつけ方を間違えるとムラになりやすいので、注意が必要です。

フェイスパウダーのつけ方

フェイスパウダーはファンデーションの仲間なので、チークやアイメイクよりも前につけるのが定番となっています。けれど、メイクの仕上がりをワンランクアップさせたいときは、チークの種類に合わせてフェイスパウダーをつけるタイミングを変えると、よりキレイなお肌に仕上げることができちゃいます♡

パウダーチーク

パウダーチークをのせるときは、定番の「日焼け止め→化粧下地→ファンデーション→ (コンシーラー) → フェイスパウダー → パウダーチーク」、この順番でOK!

クリームチーク

クリームチークをのせるときは、「日焼け止め → 化粧下地 → ファンデーション → (コンシーラー) → クリームチーク → フェイスパウダー」の順にすると、お肌に自然な血色感をプラスすることができます。

フェイスパウダーには、メリットがたくさん♡

いつものメイクにフェイスパウダーをプラスするだけで、

・汗や皮脂によるベタつきやテカリを抑えて、メイク崩れを防いでくれる

・花粉やホコリなどの外部刺激によるお肌へのダメージをガードできる

・ファンデーションだけで仕上げるよりも、ナチュラルでキレイなお肌に仕上がる

・ポイントメイクの完成度がグッと高くなる

など、さまざまなメリットがあります。

まだ1度もフェイスパウダーを使ったことの無い女の子は、この機会にフェイスパウダーをメイクに取り入れてみませんか?