Article

真夏の面倒なメイク直しを簡単に終わらせちゃうメイク直しの時短テクニック

ジメッとした蒸し暑さが続く日本の夏。
お出かけ前にしっかりとメイクをしたはずなのに、1歩お外に出た瞬間にブワッと汗や皮脂がにじみ出て、メイクがドロドロになってしまったなんてことありませんか?

けれど、メイクが崩れるたびに化粧室に駆け込んでいては、仕事や学校に遅刻してしまいますよね。

そこで、とっても面倒な真夏のメイク直しをパパッと簡単に終わらせてしまう、メイク直しの時短テクニックをご紹介します!

真夏の面倒なメイク直しを簡単に終わらせちゃうメイク直しの時短テクニック

ベースメイクのお直しは、スポンジを使うとラクチン!

汗や皮脂の影響を受けやすいベースメイクは、メイクスポンジを使い、余分な皮脂を吸い取って軽くお直ししちゃいましょう♪

ベースメイクのお直しをするとき、ポケットティッシュを使ってオフする女の子もたくさんいます。

けれど、ティッシュを使って皮脂を取り除いてしまうと、肌質によってはお肌がダメージを負ってしまい、肌トラブルを引き起こす原因に!

どうしてもティッシュオフが必要なときは、お肌に優しいティッシュを使って余分な皮脂を取り除くのがおすすめ。

メイクスポンジは、未使用のものでなくてもOK!朝のメイクで使ったスポンジを小さなビニール袋に入れてポーチに入れておくと、メイク直しのときに使うことができます。

アイメイクのお直しは、綿棒&美容液にお任せ♪

汗や皮脂でアイメイクがにじんでしまったときは、綿棒と美容液でパパッとお直ししちゃいましょう!

『乳液じゃなくて、美容液を使うの?』と驚いた女の子もたくさんいると思います。

乳液には油分がたっぷり含まれているため、メイクが落ちて素肌が見えてしまい、一からアイメイクをやり直さなくてはならなくなってしまいます。

けれど、美容液を染み込ませた綿棒を使えば、アイメイクを落とさず、崩れてしまった表面だけを軽く拭取ることができます。さらに、メイク直しをしながら美容液に含まれる有効成分をお肌に与えることができるため、乳液を使うときよりもお肌の状態が良くなり、メイク直しも時短で済ませることができちゃいます。

リップのお直しは直塗りNG!

リップメイクをお直しするとき、つい直塗りしてしまう女の子もたくさんいますが、これはNG!

ヨレや乾燥などで唇の状態があまり良くないときに直接リップを塗ってしまうと、色ムラが起こってしまいます。リップメイクをお直しするときはリップブラシを使って、唇の輪郭を描いてから色をのせていきましょう。

リップブラシを忘れてしまったときは唇に直接リップを塗って、唇にしっかりと馴染ませたら上からお肌に優しいティッシュを使って余分なリップをオフします。そのあと、上からリップを塗り直せばOK。

濃いリップをお直しするときは、ムラが目立たないようにリップブラシを使って唇に馴染ませるようにするとキレイに仕上がります。ツヤ感を出したいときは、唇全体にグロスを塗ると均一に仕上がります。

真夏のメイク直しは“時短”で済ませちゃおう♪

メイクやオシャレが大好きな女の子も、ジメッとした蒸し暑い夏が近づくと、『メイクをしたくないなぁ~』と思ってしまいますよね。

でも、どんなに蒸し暑い真夏の時期でも、メイクが崩れてしまったポイントをキレイにお直しすることで、お出かけ前のキレイなメイクにパパッと元どおりにすることができちゃいます。

今年の夏は、時短メイク直しを取り入れて真夏の通勤・通学を快適にしてみませんか?