Article

春メイクにピッタリ♡キュートなピンクメイクで最旬フェイスになろう!

オレンジやイエローといったビタミンカラーもステキだけど、やっぱり春メイクの定番カラーといえば、「ピンク」ですよね♪

だけど、ピンクは明るい色調のカラーなので、ブルーやグリーンなどの濃い色と比べると、少し前に飛び出して見えてしまうことも多く、さらに、ふんわりとした柔らかな色味をしているため、ボテッとした重たさや遠目で見たときのぼんやり感がどうしても出てしまいます。

そのため、ピンクのアイシャドウを塗ると、まぶたが腫れぼったく見えてしまったり、濃いめのピンクチークやリップをつけると浮いてしまったりしてしまうこともしばしば。

そこで、春メイクにピッタリな甘い雰囲気を漂わせるキュートなピンクメイクで、最旬フェイスになるコツをご紹介します♪

春メイクにピッタリ♡キュートなピンクメイクで最旬フェイスになろう!

ピンクメイク成功のカギは、ベースメイクづくりにあり!

ピンクメイクを成功させるポイントは、「ボテッとした重たい感じ」と「遠目から見たときのぼんやり感」を解消すること。

そのためには、まず土台となるベースメイクをピンクメイクに合わせる必要があります。

ピンクメイクにピッタリなベースメイクの作り方

①トーンアップ下地を均一になるように顔全体に塗ります。

②ラベンダー系下地をおでこ、目の下に広げて、目元まわりのくすみを解消します。

③クッションファンデーションを顔全体に薄く伸ばしたら、偏光ハイライターのピンクラメでツヤ感をプラス。

④リップライナーで、上唇をちょっぴりオーバーに、下唇を船底型に整えたら、完成♪

上まぶたが腫れぼったくならない!ピンクのアイシャドウの使い方

2019年の春メイクは、女の子がメイクのなかで1番こだわっているアイメイクも、キュートで華やかなピンクのアイシャドウで春っぽく演出するのがトレンド!

だけど、ピンクのアイシャドウを使うとまぶたが腫れぼったくみえてしまうため、メイク初心者の女の子は、ちょっぴり使いにくさを感じてしまいます。

でも、肌なじみの良いナチュラル系アイシャドウをベースにして、上まぶたの中央あたりにピンクのアイシャドウをぼかしながら丸くのせるだけで、いつでもピンクアイメイクを楽しむことができます。

浮いてしまいがちなピンクチークをうまく使いこなすコツ

ピンクチークを使って春っぽく華やかな雰囲気のメイクに仕上げたくても、頬にのせると不自然に浮いてしまい、うまく使いこなすことができない女の子もたくさんいます。

基本的には、肌なじみの良いピンク系のチークを顔のかたちに合わせて、ふんわりのせるだけでOKなのですが、もっとピンクチークの良さを引き出して、最旬春メイクを楽しみたい女の子は、パーソナルカラーに合わせてピンクチークを選ぶのがおすすめです。

イエベ肌の女の子におすすめカラー

イエベ肌の女の子は、コーラルピンクやサーモンピンクなどの黄色寄りのピンクチークを選ぶと、肌なじみが良くなります。

ブルベ肌の女の子におすすめカラー

ブルベ肌の女の子は、ライラックピンクやスモーキーピンクなど、青や紫色がかったピンクチークを選ぶと、肌色にマッチします。

今年の春はピンクカラーで春メイクを楽しんじゃおう♪

春メイクの定番カラー「ピンク」は、メイク初心者の女の子はちょっぴり使いにくさを感じるかもしれません。

でも、普段のメイクにほんの少しアレンジを加えるだけで、これまで使いにくく感じていたピンクコスメがグッと使いやすくなります。今年の春は、ふんわりとしたキュートなピンクメイクにチャレンジして、春のイベントを思いっきり楽しんでみませんか?