Article

めざせ瞳美人!くすみのない澄んだ白目を手に入れるポイントとは?

女の子がメイクをするとき、もっとも気合を入れているアイメイク。
・つけまつげやカラーコンタクトレンズを使って黒目を大きくみせる
・アイプチやメザイクで二重ラインをしっかり作る
・アイラインをまぶたの際に入れるインサイドラインでナチュラルなデカ目を演出する
など、目ヂカラがアップするアイメイクが、次から次へと考え出されています。

けれど、どんなに気合を入れてアイメイクを仕上げても、白目がくすんで“お疲れモード”全開の状態では、まわりの人から「生活習慣が悪そう」「寝不足なのかな」と心配されてしまうことも。

そこで今回は、くすみのない澄んだ白目を手に入れてまわりの視線を独り占めできちゃう、“瞳美人”になるためのポイントをご紹介します。

めざせ瞳美人!くすみのない澄んだ白目を手に入れるポイントとは?

眼が乾燥しないように注意する!

眼の表面は、つねに「涙の膜」で覆われています。

涙の膜には、眼を紫外線やコンタクトレンズなどの外的刺激から守り、眼に酸素や栄養分を届けるなどの役割があり、目の健康を維持するために欠かせない存在となっています。

けれど、空気が乾燥していたり、長時間コンタクトレンズを着用したり、長時間スマートフォンやパソコンの画面を見続けたりしていると、目の表面が乾燥して白目のくすみや充血などの原因となります。

眼の乾燥を防ぐコツ

・こまめに目薬をさす

・意識してまばたきをする

・コンタクトレンズの使用を控え、メガネをかける

など

太陽から降り注ぐ紫外線から目を守る!

お肌の紫外線対策はバッチリしているけれど、白目の紫外線対策はしたことが無いという女の子も多いのではありませんか。

じつは、お肌と同じように、白目も紫外線を浴びると、日焼けして澄んだ白色から黄ばんだ黄色に変化してしまい、くすみや濁りの原因となります。

また、長時間強い紫外線を浴び続けてしまうと、白内障や黄斑変性症などの目の病気を引き起こす原因となるため、お肌だけではなく、眼の紫外線対策もバッチリ行うことが大切です。

眼を紫外線から守るコツ

・外出するときは、UVカットされたサングラスをかける

・UVカット効果のあるコンタクトレンズやメガネを着用する

・紫外線によるダメージを修復する効果のある目薬を使う

など

ブルーライトによるダメージから眼を守る!

スマートフォンやパソコンのディスプレイから出ているブルーライト (青色光線)。

なんと、人の目に見える光のなかでもっともエネルギーが強く刺激性の高い光なので、紫外線と同じく、長時間浴びると白目のくすみや濁りの原因となります。

また、長時間スマートフォンやタブレット、パソコンのディスプレイを見ていると、

・目がショボショボする

・長いあいだ目を開けているのが辛い

・ピントが合わない

などの不調があらわれるだけではなく、目の疲れや肩こり、腰痛などの症状が現れることも。

白目のくすみや濁りだけではなく、さまざまな身体の不調の原因となるため、日頃からブルーライト対策をすることが大切です。

眼をブルーライトから守るコツ

・スマートフォンやタブレットを触る時間を意識的に減らす

・仕事などで長時間パソコン作業が必要なときは、こまめに目を休ませる

・ブルーライト対策用のメガネやコンタクトレンズなどを使う

・ディスプレイにブルーライトカット効果のあるフィルムを貼る

・眼に良い食事を食べる

・こまめに目薬をさす

など

瞳美人になるためには、眼の健康を守ることが大切!

大きくてパッチリとした目ヂカラのある目元に憧れる女の子もたくさんいます。

けれど、つけまつげやカラーコンタクトレンズ、アイプチなどを使って、とっても魅力的な目元を作っても、くすんで透明感の無い白目では、バッチリ仕上げたアイメイクも台無しになってしまいます。

アイメイクを引き立ててくれる、くすみのない澄んだ白目のキレイな女の子になるためには、普段から眼の健康を守ることが大切です。

これをきっかけに、アイメイクだけではなく、眼の健康にも気を配ってみませんか。