Article

面長女子のお悩みを解消できちゃう驚きのメイクアップ術!

顔がちょっぴり長めな面長女子は、
・顔が大きく見える
・実年齢よりも年上に見られる
・カラダとのバランスが悪く見えてしまう
など、メイクやオシャレを楽しむうえで意外と悩みごとが多く、女の子らしい可愛いメイクにチャレンジしたくても、なかなかうまくいなかかないことも少なくありません。

そこで今回は、面長女子のお悩みを解消しながら、女性らしい甘く優しい雰囲気をプラスさせちゃうメイクアップ術をご紹介します。

面長女子のお悩みを解消できちゃう驚きのメイクアップ術!

シェーディング&ハイライトのW効果で小顔に変身!

面長の女の子の場合、おでことあごにシェーディングで影をつくることで縦長の印象を弱めるのに加えて、眉間と目のまわりにハイライトを入れて顔にメリハリをつけることで、スッキリとした小顔に変身することができます。

シェーディングの入れ方

おでことあごにシェーディングを入れるときは、フェイスブラシなどの大きいサイズのブラシを使うと失敗しにくくなります。ただし、あまりにも濃い色をたっぷりとのせてメイクをしてしまうと、変に目立ってしまいますので注意してください。

また、シェーディングを入れるときは、パール感が少なく、普段使っているファンデーションよりもワントーン暗めのものを使うのがおすすめです。

ハイライトの入れ方

ハイライトを入れるときは、眉間と目のまわりの骨に沿って目の外側に内向きの三日月を描くようにサッと軽めに入れるのがキレイに仕上げるコツです。よく鼻筋にハイライトをのせている面長女子もいますが、鼻筋にハイライトを入れてしまうと、余計に顔が長く見えてしまうため、あまりオススメできません。

けれど、どうしても鼻筋にハイライトを入れたいときは、ハイライトを細く短めにサッと入れるのがポイントです。

下まぶたを重視したアイメイクで女性らしさをアップ!

面長の女の子は、上まぶたよりも下まぶたを重視したアイメイクをすることで、目のポイントが少し下に下がります。

すると、普段のメイクよりも目を大きく見せることができるようになるだけではなく、目と口のあいだが狭まり、顔の縦の長さを短く感じさせることができます。

下まぶたを重視したアイメイクのやり方

①上まぶたに肌なじみの良いベージュや薄めのピンク、オレンジなどのアイシャドウをのせます。

②目尻より少し長めにアイライナーを入れて目の横幅を強調します。

③涙袋全体に明るい色合いのアイシャドウを入れます。

④太さに注意しながら、濃い色のアイシャドウで目の際を縁取るようにラインを書いたら完成♪

女の子らしい甘く優しげな雰囲気をチークで演出!

頬の面積が広い面長の女の子は、チークを小さくのせてしまうと、余計に顔が大きく見えてしまうため、余白を埋めるように広い範囲にチークをのせてゆくのが正解!

また、面長女子はチークの入れ方によって、雰囲気がガラリと変わりますので、女の子らしい甘く優しげな雰囲気を出したいときは、発色が良く、軽やかなつけ心地のピンク系やオレンジ系のチークを使うのがおすすめ。

チークの入れ方

①ニッコリ笑顔を作ったときに頬が1番高くなるところから少し内側のところからのせ始めます。

②横を意識しながら、楕円形を描くように頬の広い範囲にのせたら完成♪

面長を活かしたメイクやオシャレを思いっきり楽しもう♪

面長であることは決してマイナスなことばかりではありません!

顔がちょっぴり長いことで、クールでカッコイイ大人っぽいメイクがよく似合いますし、面長効果によってカラダが痩せて見えるため、どんなファッションもよく似合うというメリットがあります。